上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:--   スポンサー広告  
それが確かに届いている確信など抱けはしないのだから

さようなら?多くを信じて希望を見てきた自分。

諦めることってたくさんあるけれど、その中に少しでも本当に諦めきれないものがあるのなら、それは本当の意味での諦めるじゃなくて、ただ形だけの妥協案。


***

最近、現代社会の範囲が自然哲学とか自然科学っていう範囲で、いろいろ考えるよー
いや、いつものことなんだけどね。笑

今日の授業で先生が「どうやって自分がここにいることを証明する?」って話をしていたんだけど、その答えが二つあって。
一つは、周りの人に自分がここにいるかどうか、って聞いて確かめる、っての。
んで、二つ目は『我思う故に我あり』 自分がここにいて、例えば机や蟻を見ているとして、それを見ているのが自分だ、って証明するんだって。考えているのが自分、っていうやつね。


うーん、この二つは妥当かなやっぱ、、うん。
私がまず考えたのは一つ目のヤツ。やっぱ、手っ取り早いよな。自己の認識は他人によってのみ可能だと思ってるし。
んで、次に考えたのは『思い込む』ってこと。(最近、よく思い込み、って言葉使ってる気がする・・・笑)
自分がここにいる、って強く信じれば、それだけで、もう十分なんじゃないかな。
そもそも、どういうのを存在している、っていうのかも私には不確かなんだから、信じる、っていう不確かな行為で証明なんて十分なんだよ。
論理的なんてくそくらえ、だ。ぇ

あははー、だからかな。こんなに不思議なことばかりなのに、なんでみんないろんなことを無視して話せるのかな、っていよいよ最近思い始めた。(いよいよ重症だなw)
もーね、本当、話したりない!!ってか誰に話していいかわかんない!
・・・大抵の人だと軽くあしらわれるか、引かれるか、無視られるか、だしな・・・
もーね、ひどいよ、どんどん見失ってる感じが。しかも、1回とりつかれると、もう多分元には戻れないんだよ。そう感じていなかった頃の自分なんて、今そう感じている自分の中には一マクロンだって存在していないんだよ。


あ、ひっさしぶりに、顧問と喋った!
部活には文化祭以来行ってないんだけどね・・w
スポンサーサイト
22:58:29      TB-0  CM-0 

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © No Name People. all rights reserved.
Template by nicola*

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。