上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:--   スポンサー広告  
春の形容径行

***

最近辞書が手放せない。なんかわかんない単語あったらすぐ引かないとむしゃくしゃするし! これはいいことなのか?きわどい。

毎日毎日疲労、って感じ。これ以上予定増やそうとしたら親に止められた。ってか、心配しすぎなんだよ!なにがそんなに心配なのかわからん。
『親の心子知らず』ってやつだな。笑


時間ないってのを口実に、嫌なこと後回しにしてる。けど、それも有限なのであって、もうあと一ヶ月しかないよ。ごめんみんなと金だしてくれた親。
結局私はいつまでも英語が嫌いな高校生です。(日本語は好きなのに!)

そもそもさ、英語って文章の作り方よく分かんないんだよ。傾向、っていうの?日本語だと大体そこからどういった展開になるのか、何を導こうとしてるのか、文がどうつながっていくのか、とか分かるじゃん!でも英語だとどうもそういうのがわからない。
そもそも、英語の文章の作りが嫌いなんだよ。あの全部先に言っちゃえみたいな、姿勢。最後まで待てねー早く言え!みたいなあの態度!(怒)せっかちすぎる。(理不尽)
のくせに、たまにそういうの全部無視して、最初ッから主張しないときもあるし。最後の最後でいう、みたいな日本語的な文章まねてみたりとか。(別にまねしたわけではないけど!)
いらいらする。英語のクセに!(とんでもない偏見)
単語の持つイメージとか感覚とかまだ全然分かってなくて、でも日本語はもうだいぶそう言うの掴んでるから、また新しく何も知らないカルチャー 勉強するのなんてそんなのとうの昔にやり方忘れてしまったし、それはもう日本語には必要のない、私の通ってきた軌跡だから、それをまた一から英語でやれ、って言われても困る。
英語は完全に日本語にはならないし、変換することなんて無理。一対一で変換できないなら、私の感じた感情からまた名前付けすることを覚えなきゃいけない。英語を私は理解しなきゃいけない。日本語の文化的背景を背負いながら。
 小学生の時、担任に聞いたことがある。「どうやったら、あんなに早く英語を喋れるの?頭の中で英語を日本語に直すと私はそんなに早くは喋れない。」そしてそれを聞いた担任はしばらく困ったように笑いながらこう答えたんだ。「彼らは日本語を介さず、英語のまま理解し、喋ってるんだよ。」
多分、このときから私の中で、他の言語を日本語を通さずに理解する、ってのが不可能としか思えなかったんだろう。だから、今でも困ってる。


結局、英語嫌いなことを少しでも正当化したいだけ。笑



厭悪 ・・・ えんお。嫌い憎むこと。ひどくいやに思うこと。嫌悪。
スポンサーサイト
19:04:09      TB-0  CM-0 

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © No Name People. all rights reserved.
Template by nicola*

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。