上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:--   スポンサー広告  
昨日見た夢。
始まりも終わりもよく覚えていないけれど。場面場面を強烈に覚えている。

途中おばさん達がいくような店で友達が靴を買うのを横目で見ながら、あの服ならなんとか着れるかもしれない、みたいな感じで店内を物色して、結局私は何も買わずに店をでて。これが一つ目の場面。

二つ目は、真っ白なプールサイド。夏真っ盛りなくらい青く済んだ空の下、誰もいないプールで、例の店へ一緒に行っていた人(ちなみに靴を買った友達とは別の人)と二人だけ。もしかしたら私達の後ろに、残りのメンバーもいたのかもしれない。けど、そこらへんは曖昧。
辺りは真っ白なプールサイドと青いプールの水面と空の赤い太陽。本当に馬鹿みたいにこればっかり。
まずその人が水の中に飛び込んで、しかもなかなかそのプール深いみたいで、その人は大人同然の体格してたのに普通に海の中を泳ぐみたいに足をつかず泳いで、次に私もプールへ飛び込んだ。
青い空と青いプール。水中からは その人が私に笑いかけていて、私はそれを見た後、上を向いて水中漂う暖かく強く明確な太陽の光を受け取った。
ただ青い水中から太陽を見ていただけなのに。今思い出してもなんていったらいいのかわからない感情がぐるぐるしてくる。
寂しいのか、そういうのを望んでいるのか、何かを象徴しているのか、
全然分からない。けどすっごく嫌な感じであることは確かだ。と同時にどこか懐かしくって。

あああもう本当どうしたらいいのか。夜暗くなって一人になったらまたあの光景が私を苦しめる。





ちなみに実際私は10mも泳げないようなかなづちやろうなので、以前そう言う場面に出くわしたことがある、とかそういう類じゃないのですよ。たぶん、それで余計気味が悪いんだろうな。

ってかマジで、なんなんだよ。夢なのに・・・
最悪な悪夢だよ。他の人にとったらなんともないような内容なのに・・・
スポンサーサイト
01:20:50      TB-0  CM-0 

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © No Name People. all rights reserved.
Template by nicola*

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。