上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:--   スポンサー広告  
昨日行ってきました。初めての親なしでの遠出だったので、相当疲れちゃったらしく、家に帰るなり寝ちゃった…


忘れないように行った経路をφ(.. )めもしておこう。(これって地元ばれちゃうかも?笑)

伊勢中川から近鉄名古屋線を乗り継いで、鶴橋まで急行で!!
これすっごい遠いんですね~全く、なんで特急にしなかったんだろう?(私がケチったからなんだけど笑)で、約2時間近く一睡もせず、友達と喋りとおしてた。あの電車の中でしゃべってたの、今思えば私達だけだったかも。・・・ちゃんとボリュームは落としてたし、マナー的には大丈夫だったはず・・・(不安)
で、大阪市営千日前線野田阪神行に乗り換えて、鶴橋から日本橋まで。
これ地下鉄だったんですね~忘れてたよ(ぇ
そのせいで、鶴橋で2階に登って「JRしかないじゃん?!」って友達と二人で焦ってて。で、よくよく考えたら千日前線は地下鉄だった、っていうね。そこに気づいて本当によかった。やっぱり二人いるといろんなところに目が行き届くんだね。。(しみじみ
日本橋から北千里までは、大阪市営堺筋線。
堺筋線では、なんか阪急と途中から混ざる?とかなんとかで、堺筋線の路線図を見ているだけでは北千里駅がない!!とか、前日に騒いでいたんですよね。(本当に世間知らずなヤツなんですよ…)
だから、そこらへんの乗り換えに関しては相当調べこんでいったので電車に関しては問題なくいけて。
ってか、そもそも、○○方面へ、とかかかれててもそれがどっちなのか分からないから電車の案内見ても多分分からなかったと思う・・・(ぇ あと、電光掲示板?(次に来る電車案内してるやつ)に何時何分発なのかが書いてなくて焦った!!友達いわく、そんなのを書く必要もないくらいしょっちゅう電車来るからじゃない?だそうで。確かに電車の本数半端なかった!!(田舎者~)
で、終点北千里まで無事たどり着き。しかも予定時刻よりも15分早かったんですよね~ そのせいで、本来食べる予定のなかった昼食までマックにいって取ってしまう始末。大阪に来てマック?!みたいな気もしましたが、時間がなかったのでしょうがない…
その後、大学まではタクシーで行く予定だったんですが、駅員さんに聞くとどうやら歩いて15分らしく。なら腹ごしらえもしたことだし、歩いていくか!ってことになって、炎天下、紫外線対策ゼロで高校生二人組が歩き出したわけです…
閑静な住宅街?って言えなくもないような並木道を抜け、汗を流し、時たま電柱に貼られたオープンキャンパスの案内を頼りに直進を続けた結果、大学に到着。かと思いきや、行きたいところとは学部が違う、とかなんとか。えぇ~思いっきりついたと思ったのに、まだ先に進まなければならないという…そのころからタクシーに乗らなかったことを後悔し始めましたね、えぇ。時すでに15分。駅員さん…私達の目的地までは15分じゃ行けなかったよ・・・
でまぁ、警備員(?)さんに道を聞きながらも、目的地に到着。すると、もう会場はめい一杯、人が入っちゃったらしく、テレビ中継(?)とかなんとかの会場に通されて。まぁ入れただけマシか、友達と話していたらその後から来るわ来るわ。私達の入った第二会場も満員になってしまって結果的に第三会場まで出来てたみたいでした~ 人来すぎだろう!!
まぁ、第二会場にいた人はそんなに切羽詰った人ばっかりじゃなくて、教授の話の時なんか、全体的に眠気が漂ってましたからね。真面目に聞きに来た人には申し訳ない雰囲気だった…苦笑
とまぁ、そんな感じで説明会終了。特別に聞きたい事もなかったので、そのままモノレールに直行。
よく考えてみると、行きに力を入れすぎて、帰りのことを何も考えていなかったことが判明。なすがままに、いこうじゃないか。とまぁ、行き当たりばったりスタート。
行きに電車の中で聞いた山田という音を頼りに、モノレールで山田まで。
山田の駅で地元にもある服屋を発見して若干の親近感を覚えながら、阪急に乗り換え。梅田まで行く。
目的もなく梅田に来たはいいが、時間は午後5時。何やらスーツを着た方々が多い時刻で、人の波に逆らって、どこかに入ろうと思うもどこに何があるのか分からず、コンビニに行ってジュースとお菓子を買って、環状線に飛び乗る。ほんとに、梅田まで来た意味ない~(笑
またまた鶴橋で降りて、近鉄で地元まで。
本当にたくさんの鉄道を利用したな…一日にこんなに電車に乗ったのは初めてかもしれない。。


ってな感じで、大学については相変わらず憧れのままに終わりましたが、電車に乗り換えには自信がついたかも。笑
何をしに行ったか分からないような感じでしたが、非常に楽しかったのでヨシとしよう。それにしても、疲れた!!
スポンサーサイト
23:19:18      TB-0  CM-0 
2006.08.23.Wed

この時間になると、いい加減気持ちが悪くなってくる。
毎日毎日凝りずにやってるけど、正直つらい。だったら止めればいいだけなのにねっ!



明日、大阪にある大学のオープンキャンパス行ってきます。
到底自分じゃ手の届かないところなんだけど、やっぱり希望は捨てたくないし、向上心はいつまでも持ち続けていたいし、もうちょっと現実的に大学受験のこと考える為、行って来ます。
何か学んで帰って来れたらいいな。



先日の模試はやっぱり散々な結果になりそうです。
やってないもんな、しょうがない。けどやっぱり悔しい。
なんで何もやりたくないのに、やらないのに、一人前に悔しい、とか思ったりするんだろう。
自分が信じられない。

けど、確かにあの時はどうしようもなくショックだった。これって過信、っていうのかな。
大学受験だってまだ全然どういうのか分かってないし、そもそも高校受験してないから、後のないつらさ、とか分からないし、中学受験なんて半分落ちる気で受けてたから頑張った覚えもないし、もうどうしていいか分からない。
たぶん、高3になったら引きこもりになるんじゃないかな。自分に負けて。


きっと夜で、つかれてるからこんなに弱気なのかな…
私は1年前となにも変わってないのに、みんなはどんどん変わっていって、なのに、他人からはいいように見られている自分がいて、そのギャップに動けなくなる。

そんなことないのに!! それは全然私じゃないのに!!

どんなに言っても届かなくて、みんなの理想の私はずっと前にいて、やっぱり今の私は立ち止まってる。



だから、きっとこの焦燥感もいつかきえてなくなるんだろう。先にいる私が見えなくなったその瞬間に。








もっと明るい内容の日記書きたい…
02:24:24      TB-0  CM-0 
2006.08.22.Tue

噂の満員御礼映画を見てきました。なんだ、前評判の割に全然よかったよ。ってか前評判が悪すぎた笑


↓感想(一応反転)
ストーリーとか本で読んでみたくなった。やっぱり映画にするには長すぎたんじゃないかな、原作。わかんないけど。
あと、せっかくの世界観とか生かしきれてない気が…
均衡を崩す話だって、クモが何かをしてたんじゃなくて人間のせいなわけで、それをどう解決するのかわかんなかったし、アレンとテルーがしたことがこれからの世界にどう影響していくのかもわからなかった。
それから一番ダメ出しされてた「言葉にしすぎる」ところもやっぱりあそこまで言って欲しくなかったなぁと思った。
そういうのは言葉にすると軽すぎるんだって。なんか一気に内容薄っぺらくなっちゃった気がする…
あと、いつもいつも思ってたことだけど、ジブリはちゃんと声優さん使えばいいと思う。。今回はアレンが無口な少年だったからよかったものの、ソフィーはひどかった!!若いくせになんであんな声なんだって憤りを感じるほど。あれはひどかったよ…
話を戻して。
結局テルーは龍なわけ?アレンは本当にお父さんを殺しちゃってるわけ?疑問が残る…
あ、わかった!多分主人公達に感情輸入しにくいからこんなにも見にくかったのかも。アレンがどのタイミングでおかしくなるのもわからなかったし、ゲドがどう考えて行動してるのかも。
そういえば、「ゲド戦記」なのにゲドの活躍シーンはすっごく少なかった!!
ps  アレンのレバンネ(?)はレバノンに聞こえると思う。

感想終わり~

楽しかった!!みんなありがとう(*´∇`*)ww
02:43:23      TB-0  CM-2 
2006.08.19.Sat

明後日模試なんだって。


昨日友達からのメールで気づきました。んで別の友達から今日またメールきて彼女は一日前の私と同じ状態でなんだ私のが気づくの早かったぞとか得意げに語ってました。
まだその後の返信してませんけど。



なんでだろう。本当メールの返信に始まり、ブログの更新、サイトの更新続けられないんだろうね?
たぶん多大にこのいい加減さが影響して来てるんだろうな・・・


あと明日も夏期講習である友達とは夏休みなのに2週間連続で会ったりとかしててイライラする。別に嫌いじゃないけど、さすがにそこまで行くと嫌になるじゃんか、ね?(私だけ?)


あとクラス会はどう考えても日にちが会わないので不参加になりそう。
一応幹事的ポジションなのにね。みんなごめん。(ここで謝るな。)



夏休みの宿題まだ何も終わってないのに、模試の勉強もしなきゃいけないのに、実力テストの勉強もしなきゃいけないのに、まずは夏期講習に行ってきます。(なにこの積もり積もったやるべきことたちは)
03:57:03      TB-0  CM-0 
とまでは行きませんが、なかなかハードな毎日を送っています。精神的にね?でも、最近英語をやるたびに苛立ちを感じる。あまりの解けなさ具合に。それに対して化学の楽しい事!! 早く大学生かニートかになって自分の興味のある事だけを勉強したい。(すっごく失礼な事いってる自覚はある)


どうやら、またクラス会の話が持ち上がっているようです。(むしろ参謀者ですが)
正直めんどくさい… あと世間知らずなので、上手く幹事とかできないんだよな…
そもそもなんで私副室長とかやらされてるんだろう…(4ヶ月目の疑問)


もはや愚痴を言う場所にしかなってないんだけど、これはこれで私の中ではなかなか使いやすいポジションなので放置。あれ、この文章めちゃくちゃじゃない?書いてるうちに別の考えが頭をよぎったりした時にこんな変な文章が生まれるんだろうな。へぇ。(眠いんだよ多分こんなめちゃくちゃな文書いてる理由は)
でも自分の中でこういう類の文はちゃんと筋道立ってるからあとで読んだとき普通の文章読むよりも読みやすかったり分かりやすかったり、情報がたくさんつまってたりするのに最近気づいた。
どれだけ内にこもった思考回路なんだろう(笑
あと、極端に句読点を少なくするのも私の趣味です。なんてはた迷惑なんだ。


あぁ、こうしてる間にも英語が襲いかかってくる…
やばい、これは本格的に苦手&嫌いになりそうな予感。
せっかくこの4年間なんとかそうならないように努力してきたのに…




このblog、すっかりカオス状態じゃないか。
00:00:07      TB-0  CM-0 
ようやく、サイトの方に手をつけることができました。
ようやくだよ、本当に。はや3ヶ月近く放置状態でした。反省してます・・・
でも、高校生って予想外に忙しくって、自分の中にあるものとかどんどん薄れていってるの感じて、ああ、こんなんじゃなにも浮かばないなぁとかは日常的に思っていたし、それはそれで(以下エンドレス)

とにかく申し訳ありませんでした。

あと、私がしばらく音信不通してる間に(表現おかしい)、いろいろな方がサイト&ブログを閉鎖されてて・・・
この場を借りてのご挨拶とさせていただきます。直にいえなくてごめんなさい。
【Read More】
00:18:43      TB-0  CM-1 
2006.08.10.Thu

いつからか人の目を見ることができるようになった

昔の私はいつも下を向いているような子だったのに


そんなちょっとしたことからも時間の経過が伺われるなんて、まるでそれは鎖のように私にまきつく

まるでそれは時間のように





------
【Read More】
12:56:36      TB-0  CM-0 
2006.08.09.Wed

一人でいるのも悪くない
だからといって大人数でいるのが悪い訳でもない

どちらもとりたくないのなら どれを選択すればいいのだろうか





------

これじゃあ、食事をしに家へと戻ってきたみたいだ。


家の中では、振り子時計が規則正しい秒針の音をさせながら、室内まで浸透したらしいどんよりが共に私の帰りを待っていた。

やはり家族が戻った形跡はない。各人の財布も携帯もない。
おそらく最後の日を満喫しているのだろう、と眠気からという理由だけじゃなくぼやける頭を本日二度目の靄が襲った。

(20060809)

【Read More】
16:00:56      TB-0  CM-0 
2006.08.09.Wed

違うんだ 違うんだ
何度言えば伝わるのか

伝える気のない言葉ほど伝わらないものはない





------

役所の喧騒にも慣れたところで、近くの公園へと向かった。
こんな天気の中、そんなに人はいないだろうと思って向かったのに、思いのほかそこは混雑していて、それはまた私の気分を降下させるのに一役買った。

今日は何をやっても無駄なのかもしれない。
私はようやくそのことに気づき始めていた。



「ママ!!」

小さい女の子が母を呼びながら、ぶつかってきた。
手に持っていたらしい泥団子がぐっしょりと私の服へとはりついた。
いい加減、限界だ。
申し訳なさそうに見上げてくる女の子を無視して、私は踵を返し帰路についた。
自分でも随分丸くなったものだと思いながら。

(20060809)


15:59:47      TB-0  CM-0 
2006.08.09.Wed

唐突に始まった連載「無題」ですが、自分でもおいおい、って感じの内容になっちゃって、正直戸惑ってます。(それを自分でいっちゃおしまいよ(寅さん風))


ぇ、これからどうやって話収集させるんだろう?
ってか、おそらく尻切れトンボな終わり方すると思います。
あと今度からは追記の方に書くようにしよう。
普通の記事まで読みにくいじゃないか。(それはお前の文章の問題だ)



多分もうこんなに一気に更新することはないと思いますが、これからもこんないい加減なやつですがどうぞ宜しくお願いします。(突然の展開)


【Read More】
02:02:06      TB-0  CM-0 
2006.08.09.Wed


何かを成し遂げようとするとき、それは時間が決まっているから終えられるのであって、その時間が永遠ならそのなにかは永遠に続いていくだろう





------

すばやくほとんど食べていない朝食を片付け、出かける準備を始めた。
それにしても、家族までいってしまうとは。実に不憫で不便だ。



外に出ると、今日の私の気分そのまま、どんよりとした灰色がかった雲が空を覆っていた。
彼らが今日を選んだ理由が少し分かった気がした。
あくまで、それは[そんな気がした]にすぎなかったのだが。


彼らと自分は違う種類のものだ。
分類わけをするならきっと違う箱に入れられる。それは彼らにもわかっていることだろう。
ただ、箱の色が同じなだけで。



行き交う人々はいつもよりも一層時間を気にしていて、それがとても滑稽に見えた。
そう思っている人がこの世界に後何人いるのだろう。私と同じく狂った人種が。



人々についていくと、一同は揃って役所へと入っていった。
今頃、中は大変な騒ぎだろう。それは仕方ないことだ。
シャッターの降りた窓を見上げながら、覚醒したはずの頭でぼんやりと考えていた。

個人的には警察署の方へ行きたかった。
非常に残念だ。

(20060809)

01:54:48      TB-0  CM-0 
2006.08.09.Wed


いつだっただろうか。

昨日?一昨日?それとももっと前?



時間の流れなんてもはや何の意味ももたないことを私は知っている。





-----

日常だと思っていたものがこんなに脆いものだとは思わなかった。

朝からハイジャックされている(らしい)テレビ放送。

たった一つの事柄がすべての人のソレを壊した。
私もその例外から漏れずに。


実をいうと、私はこの状態にかなり困惑していた。
彼ら(と言えるのかわからないがとりあえずは彼らということにする)のしていること、言っていることに対してではない。
彼らから影響を受けて、壊れてしまった人たちに対して、だ。

これくらいのこと、いたずらとして聞き流してしまうだろうと思っていた。
楽観的で保守的で、思いのほか慎重な、古い慣習を大切にする民族だ。
こんな突拍子もないこと受け入れないだろうと思っていたのに。
とんだ買いかぶりだった。
所詮は生にしがみつく醜い亡者だったということだろう。


普通の生活を送ろうとしている人の方がよっぽど好意が持てる。
少なくとも、そんな馬鹿な真似はしない程度に理性的な人間なわけだから。



喧騒に飲まれながら、胸に気持ちの悪い物がたまっていくのを感じる。
朝から違和感と嫌悪感を同時に感じるなんて、今日は本当になんて日なんだろう。・・・地球最後の日か。

そこまで考えて私は顔の筋肉を動かして、笑った後、すっかりぬるくなってしまった不味いコーヒーを喉へと流し込んだ。



外に出よう。ここにいても何も起きない。
せっかく人々が信じてくれたんだ、楽しまないと損だろう?


誰へともなく笑いかけたらしい自分の顔を自覚しながらも、心ではなにか別のことを考えていた。

(20060809)

01:37:17      TB-0  CM-0 
2006.08.09.Wed

『たとえば明日、地球が滅亡するとしたらあなたはどうするか?』



そんな陳腐な台詞を一度は耳にしたことがあるだろう
それがまさか本当に起こるとは思ったことがないとしても


だからあの朝唐突にテレビから聞こえてきた戯言にこんなにも動揺してしまったんだろう 不覚にも



『我々は明日地球を爆破する 誰一人として生き残ることはない』





------

朝起きたらこの騒ぎだ。一体どうしたというのだろう、誰か足を止めて説明して欲しい。なのに皆、必死の形相で狭い道いっぱいに広がって。発狂したのか?


2階から見下ろしながら、私はまだ覚醒しきっていない頭でぼんやり考えていた。
起床したばかりでまだ眠い。
いつもなら起こされるはずなのに起こされなかった非日常的な出来事に違和感を感じる。
ようやく覚醒し始めた頭が掴んだのはなんとも曖昧な感情だけだった。




1階からは人の気配が感じられない。どうして?
また一つ、違和感を感じる。なんて朝だ。
家族はどこへ行った?学校は?仕事は?
道にいる狂った人たちは?

堂々巡りを始めた頭をふり、いつもの朝のように振舞おうとした。
そう、いつもと同じように。

トーストを焼いて、インスタントコーヒーを淹れて、テレビを付けて――


『我々は明日地球を爆破する 誰一人として生き残ることはない』


エンドレスで流れる音声。真っ黒な、いや正しくは、どこまでも続く闇を映している画面。



あぁ、これが原因か。そういえば、先日男から聞かされていたな。
すっかり忘れていた。今日だったのか。





気づけば、外の人たちの喧騒がどっと自分へと押し寄せた。

(20060809)

01:19:03      TB-0  CM-0 
これじゃあ、ブログっていえねーじゃねーの?

もはや日常じゃなくなってますやないですか。(お前の口調もな)
これからは夏休みなことやし、どんどん更新していければいいなぁとは思いますけども。ねぇ、そうですやろ?


最近自分でも自分を見失い気味なので今日はこんなかんじで。
これから追記でちょこちょこ短文書きなぐっていければいいなぁとか思ってますね、はい。


なんやねん!これ、やばいんちゃう?どういうこと?これ読んで私がまともな人や思ってくれはる人何人いはるんやろ・・・(あとどうしてこんな変ななまりつけて喋ってるのか自分でもわからん)

00:54:53      TB-0  CM-0 
Copyright © No Name People. all rights reserved.
Template by nicola*

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。